名乗りがまだ晴信だった頃の武田信玄は、駿河平定を祈念して、駿河国一之宮富士山本宮浅間神社に対して社領の寄進、社殿の造営をおこなった。同時に奉納したのが、同神社の宝物として現在に至る「備前国長船景光」である。この時、駿河平定は叶わなかったが、後には駿河平定を成し遂げている。数多くの名工を世に送り出した備前長船派、中でも名工の誉れが高かったのが景光である。備前長船派は、祖を光忠、その子長光、そして、その子景光と連なる。地鉄の肌は、非常に繊細な小板目肌に仕上がり、整った乱れ映りの様が美しい。刃文は豪華な仕上がりの匂出来の直刃調。日本刀独自の造込である鎬造に樋が通してある。反りの中心を柄の近くに置く腰反りの美しさが、見るものを魅了する。帽子は横手上の刃が狭い三作帽子。まさに美と力を共存させた名刀といえるかもしれない。江戸時代に編まれた古美術図録集「集古十種」にこの景光らしき太刀が記載されている。図録集には、金梨子地の鞘と鮫革包の柄が描かれていた。浅間神社の記録にも残っている。だが、現在は散逸してしまって残っていない。

歴史の中でイメージされる「日本刀」は、合戦の中で人々の武器として活躍した壮大なイメージがありますが、現実的には日本刀などの刀剣は合戦にはあまり用いられない武器であったようです。鉄砲が武器として出現するまでに、合戦にて多く用いられた武器は、弓矢、薙刀、槍などになるようで、さらには投石や小石などが日本刀よりも数多く用いられていたようなのです。

時代劇のなかで姿をあらわす「日本刀」といえば、合戦の決着がついた際に相手の首を取ったり、武士たちが切腹をする際などに用いられていたような印象がありますが、実際には現代における時代劇のような使われ方はしなかったのではなかろうかと考察している専門家たちもいるようです。

たしかに「日本刀」のような、腕の長さほどの長さのあるものを実用的に合戦のなかで兵士たちが振り回すことは非常に無理があるフォルムをしているかもしれませんね。現代人が抱く「日本刀」へのイメージは、映画、アニメ、漫画、時代劇などに登場する役者たちが演じる武士たちのイメージが強く定着してしまっているのかもしれません。

【東京】おすすめ日本刀専門店&収蔵博物館まとめのトップへ